アボカドエッグ作ってみました

一時期に一部で流行っていたアボカドエッグを作って、本当に簡単なのか検証してみました。

材料

アボカドは簡単に半分に切れますので、省きます。
アボカドの種を取った穴に卵を入れるらしいので...

おっ・・・

完ぺき!
種の穴のサイズに綺麗に入った卵!

 

そう見えたんですが…

10秒後

現実はコレ。
白身が盛大にこぼれました!
種と比べてみても卵が大きいに決まってるんですよ。

この事実を隠していた、あの当時の記事を片っ端から指摘したい気分になりつつも塩コショウします。

白身が大量にあるのでもう片方のアボカドへ…

限界まで白身を入れてみました!

が…
2秒後!

アボカドの下面って丸いんですよ。
ちょっとバランスが代わるだけで、こぼれます。

こぼれた白身をティッシュで拭き取るわけですが、
男性のみなさんが必ず経験した事のあるアノ拭き具合でした。

なんか切なく悲しい気持ちになりつつも塩コショウします。

匂いヤバイ!オーブンヤバイ!

焼いてる時とっても良い香り!

完成!

コレはおいしい。
焼けたほくほくのアボカドもおいしいし、卵の味がマッチします。
焼酎やビールのおつまみとしてもいけます。

そして、こいつも出来上がりました!
味は微妙なのかと思いましたが、
すごくおいしい!
白身は味に主張意しないのかと思っていましたが、

アボカドと白身がいい具合に主張し合っていい感じ。

むしろ、こっちを食べると黄身が主張しすぎてるように感じる位でした。

是非、白身がこぼれても大丈夫な場所やアボカドを安定させられる所で試してみて欲しいです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であげめしをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

注目記事