炊飯器に入れるだけでできるコンビーフ炒飯がコスパ最高&旨すぎてヤバイ

コンビーフにこんな使い方があったなんて・・・!

■本当に簡単で美味しいから試してみて欲しい!!

このメニューで料理らしいことといえば玉ねぎのみじん切りに包丁使うことくらいで、あとは炊飯器に材料突っ込むだけです。料理下手でも安心。

作業工程のわりに出来上がる味のクオリティが高いから本当に1回やってみて欲しい。

以下材料と分量&具体的な作り方の流れ

■材料
・米1合
・コンビーフ1/2缶
・コンソメ 小さじ1半
・バター10g
・溶き玉子1個
・みじん切りした玉ねぎ1/4個
・醤油小さじ1
・黒胡椒
・青ネギ

■作り方

米を炊きましょう。今回は4合分炊いてます。
水はちょい少なめで!

バター、コンソメ、コンビーフを炊飯器にin
なんだこれめちゃくちゃ太りそう・・・撮影の都合上4合分で計算しましたがバター40gって結構デカイんですね。
一旦ここで蓋閉じて炊飯します。バターは軽くほぐしてあげましょう。
続けて玉ねぎをみじん切りにするわけなんですけど、多少粗目にしてみました。
玉子も用意しておきます。
炊きあがったものがこちら。
炊きあがったら間髪入れずに玉子と玉ねぎを投入しましょう。
予熱で玉子と玉ねぎにある程度火を通すので、さっと入れてさっと蓋を閉めて待ちます。
5分程度待ったら完成です!
器に盛り付けて青ネギ、黒胡椒をお好みでふりかけたら出来上がり。
■想像よりも全然味が控えめだったけど炒飯っぽさはしっかり出てた
もっとくどくて濃い感じの味を想像してたんですけどね。コンソメ成分あまり感じなかったので濃い味が好みの方は分量よりも多めに
入れる事をオススメします。
ほどよく火の通った玉子が硬めに炊いたご飯にうまくマッチしていて火は一切使っていないにもかかわらず炒飯っぽさはちゃんと出てる。
■飽きる
バター風味の薄味ななにかをひたすら食べてる感覚になりました。
香り的ににんにく入れたらこれガーリックライスじゃないかというひらめきを得たので
冷蔵庫のチューブにんにく入れてみたんですが、これが個人的に一番ハマってた。最初からこれで食べてればよかった。
■消えたコンビーフ
コンビーフ感ゼロ。見えてるのに感じない不思議。さすが現実でも存在感薄いだけある。
■結局美味しいのかどうか
あくまでもプラスアルファの部分であって出来上がりの時点で美味しいことは間違いないです。
もっとこうだったら「より」美味しくいただけますということで。
調理時間は炊飯の時間を除くと10分未満とかそのくらい。材料費もそんなにかからずさくっとできちゃうので、やる価値は全然あり。
盛り付けて出されたら炊飯器で完結する料理とはほぼ気付かないレベルに物自体の完成度は高いです。
いつもと違う炊き上がりのご飯の使い方の選択肢に是非加えてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であげめしをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

注目記事