スイッチ1つ!炊飯器を使ったあま~い焼き芋

甘くてしっとりホクホクの焼き芋ができました!

こんにちは。

以前、電子レンジで焼き芋を作りました。

電子レンジで作る焼き芋が超カンタンだった

「少し甘さが足りないな」で、終わった前回。

まだ買ってある安納芋が残っていたので、今度はお馴染み炊飯器君の出番です!

 

そうです!

まるごとどーんと入れて

炊飯ボタンをポチ。

待ってる間、色々できるのがいいですね!

約40分くらいで出来上がりを知らせる音が鳴りました。

 

出来上がったのがこちら

見た目は、以前とさほど違いはなさそう。

 

食べてみると…

あ!前より甘い(気がする)!

電子レンジで調理したときより、甘く感じました。

やはり、焼き芋の甘さは時間が関係しているのか…?

比較すると電子レンジでは約15分、炊飯器では約40分。炊飯器の方が長く加熱されていることになります。

この理屈からいくと、保温で1日くらい放置したらもっと甘いのができるのかもしれません。

でも、やっぱり食べたいと思ってからそんなに待てない!ので違うパターンを試してみます。

 

 

お米って炊くとき水いれるよな…

 

芋も水いれたらいいんじゃない?

 

という何の根拠にもならない考えから水を入れて作りたいと思います。

 

 

米みたいに芋を沈めてしまうと煮物みたいになるかなと、

水はこのくらい(適当)。

 

あとは、先程と同じく炊飯ボタンをポチ。

 

出来上がりがこちらになります。

お、さっきと比べるとパサパサ感が少ない!

水を入れたせいで水分の蒸発が抑えられたのかしっとりとしています。

 

食べてみると、

 

また甘くなってる!

 

予想外に上手くいきました。

やっぱり、水ですね。

中身はもちろん皮まで柔らかく市販のものにまた一歩近づくことができたのではないでしょうか。

電子レンジよりは時間がかかるのは確かなので、すぐ食べたければ電子レンジ調理、時間があるときは炊飯器で使い分けるといいでしょう。

 

それでは、さようなら。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であげめしをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

注目記事