日清公式Twitterの「カップヌードルパン」を実際につくってみた

焼きそばパンならぬカップヌードルパン。炭水化物と炭水化物の新しいハーモニー。

みなさんこんにちは。

 

日清カップヌードルの公式Twitterのパンにカップヌードルを挟んだツイートが10000RTを突破し、ネットで話題になっています。

画像だけみたところでは味が想像できないカップヌードルパン、

「意外とありかも・・・」を検証するためにもさっそく試してみました。

 

つくってみる

今回は、通常のカップヌードルの他に3種類用意して試してみたいと思います。

写真だけでは作り方がイマイチわからなかったので難しいことはしません。

  1. カップヌードルにお湯を入れて3分待つ
  2. パンに挟む

で、いきたいと思います。


左からシーフード、トムヤムクン、カレー、カップヌードル

こちらがカップヌードルの麺を取り出したものになります。

そのままパンに入れると汁でべちゃべちゃになりそうだったので器に分けました。

さっそく麺を挟んでいきます。

こちらは、カップヌードルの麺。

なかなかそれっぽく出来たのではないでしょうか。

他の3つも同じようにつくっていきます。


左からカップヌードル、トムヤムクン、カレー、シーフード

出来上がりました。

こう見ると、とてもおいしそうです。

学校の購買部で販売されていたら、喜んで買っちゃいそうです。

昔みんなの焼きそばパンを購買部に買いに行ったことを思い出して、少し涙がでました。

 

いざ、実食

まず一口食べてみての感想が「給食感がすごい」でした。

パンより麺の味が弱めで、咀嚼していくにつれパンの勢力に負けてしまいました。

おそらくこれは麺の量と汁を振りかければ改善できそうです。

カレーで汁を足してみると・・・おいしい!

汁をパンに少し染みさせるぐらいがイチバンおいしく食べられそうでした。

さらに汁を足すとカレーをパンにつけて食べていた学校給食の時間が思い出されるようでした。

個人の感想ですがトムヤムクンとシーフードも食べてみましたが、

シーフードは味が薄く、トムヤムクンは癖が強くパンにはあまりマッチしませんでした。

 

まとめ

カレー>>>>>>越えられない壁>ノーマル>シーフード>>>>トムヤンクン

カレーが圧倒的においしく感じられました。パンとの相性が抜群だったのでしょう。

「カップヌードルの汁+卵で茶碗蒸し」みたいにカレーの汁は他にも色々使い道がありそうです。

炭水化物と炭水化物の組み合わせとしては間違ってはいないでしょう。

味が薄く感じられる人は、汁の量をべちゃべちゃにならないぐらいに調節するとなおGood。

麺が作ってるうちにどんどん柔らかくなっていくので、歯ごたえが欲しい人はカップ麺の待ち時間を2分半など短くするとよさそうです。

 

日清公式Twitterの「意外とありかも・・・」は本当に「意外とあり」でした。

 

 

 

ちなみにお酒は飲みたくはなりませんでした。

それでは、さようなら。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であげめしをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

注目記事