第一話「ホタテの稚貝とコンビニピラフ」

こんにちは。

 

昔々あるところに、僕に見初められたホタテの稚貝がおりました。

 

ホタテの稚貝は水道水でガッシャガッシャと乱雑に洗われた後、なんとフライパンで茹でられてしまいます。

 

そこに、ファミリーマートのガーリックピラフが登場し電子レンジでカチコチに冷凍されていた彼は帰らぬ人と相成りました。

 

先程フライパンで茹でられたホタテの稚貝は、貝殻を捨てられ丸裸にされた上、中腸腺(ウロ)をもハサミでちょん切られてしまいました。

 

次なるホタテの稚貝の試練として待っているのは、帰らぬ人と思われていたガーリックピラフ一と緒にフライパンで炒められることでした。

 

そうして出来上がったのはこちら、ホタテの稚貝ガーリックピラフです。

 

ここで、満を持してとん汁の登場で

 

食卓に華やかさが増しました。

では、いただきます。食材たちありがとう。ありがとう。

…続きません

 

まとめ

・味はおいしいが、マッチしているかといえばそこまでかも。ピラフよりはチャーハンの方が合いそう

・今回ウロは取り除きました。稚貝ならば大丈夫っぽいですが安全に食べたいなら取り除くほうがよいかと

・どうやらホタテの稚貝は高タンパク、低脂質なのでヘルシー

・ホタテの稚貝はわりと臭いがするので、換気をしましょう

・今回はあまり活かせませんでしたが、ホタテの稚貝はめちゃくちゃおいしい出汁がでるのでそれを使った料理がオススメ。以前、ペペロンチーノのときに稚貝を使ったことがあるのですがバッチリでした。

 

 

おしまい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であげめしをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

注目記事